知っての通り、ニキビと食生活は密

知っての通り、ニキビと食生活は密接に関連しています。

食生活に気をつければニキビに良い影響を与えることにもなります。野菜中心のメニューで食事を採り、ビタミンやミネラルをじゅうぶん摂取しましょう。食物繊維が豊富な野菜を食べることは、便秘解消の見地から言っても、ニキビの減少につながります。

肌荒れの中でも、男女や年齢などに関わらず悩むのが多いのは、やはりニキビと言えると思います。

ニキビと一括りで呼んでも、いくつもの種類があり、その理由、原因も多くあります。



しっかりニキビの原因を知った上で正しい治療を心掛けることが綺麗な肌にする第一歩と言えます。

肌荒れが酷く、自分でのケアのやり方が分からない際には、近くの皮膚科の医者に掛かって相談しましょう。


荒れた肌用の保湿剤やビタミン剤などを場合によって処方してくれます。さらに、早寝早起きで質の高い眠りをたっぷりとるようにして、ビタミンやミネラルを多量に含む食材を積極的に摂るようにすると良いでしょう。

ビタミンCの美容効果を期待して、レモンを輪切りにして顔にのせ、しばらくおいてパックをすることが流行になりましたが、お肌には悪影響しかないので、今は誰も勧めていません。

レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったとき皮膚にダメージを与えます。

シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンでねらうならば、毎日の食事で、欠かさず食べるようにしてください。



敏感肌に対するスキンケアを行う場合には、肌が乾かないよう、しっかりと水分を保つ事が必要です。保水には様々な手立てがあります。保湿専用の化粧水やクリーム等が多数揃っていますし、化粧品にも保湿効果の高いものがあります。



人気の保湿効果が高いセラミドが配合されているスキンケアを使用するのも良いでしょう。日々、長く湯浸かるが好きな私はお肌がドライ化するのを防ぐために、いつも洗顔をした後は直ちに化粧水をつけてから、バスタブに身を置くのを楽しんでいます。
だが、真冬の時期ともなれば化粧水だけでは入浴後の乾燥において不充分な気がするので、化粧水はもちろんのこと、保湿美容液もしっかり塗って入浴を心がけていますが、これを習慣づけてから乾燥が大幅に改善されつつあります。ほうれい線を目立たないようにするには、美顔器を使ったスキンケアを実践するのがいいでしょう。たった2本のほうれい線なのですが、現れてしまったほうれい線を美白化粧品を使って薄くしたり簡単には消すことはできません。
ですので、日頃からスキンケアとして美顔器を使って、肌の隅々まで美容成分を吸い込ませることが大事です。私自身、ほっぺたの毛穴の開きが年齢とともに悪化しました。

まっすぐ自分の顔を見た際に、毛穴の開きが目立つようになってしまったのです。イチゴ毛穴を埋めたい、出来るだけ小さくなれと思い、毎日のケアを行っています。
洗顔の後は冷たい収斂化粧水を使って、パッティングを行っていますが、ちょっとだけ引き締まってきたように思います。


ニキビを搾り出すと、膿が中から出てきます。


もっと潰すと今度は芯が出ます。これがニキビの原因となっているものですが、潰して芯を出してしまうことはあまりオススメしません。

無理に潰すことになる訳ですから、また一段と炎症は広がることとなります。ニキビ跡として残ることもありえますので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミが目立つようになってきたんです。



原因はわかっています。

日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。子どもが生まれ、少し大きくなって親子そろって毎日、公園で遊んでいました。

子どもの身支度もするので、自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。
後で必ずつけが回ってきます。


若くても日焼け対策はしっかりするように心がけます。


関連記事